破折歯接着治療は東京は自由が丘 破折歯接着治療のパイオニア「眞坂歯科医院」まで

所在地
〒158-0083 東京都 世田谷区 奥沢5-26-9 自由が丘栄ビル3F
アクセス
東急東横線/東急大井町線 「自由が丘駅南口」 から 徒歩1分

予約制 03-3718-8470 ホームページを見たとお伝えください

診療時間日祝
9:30~13:00
14:00~17:30

※症状の強い方を優先する場合があります※駐車場・駐輪場はありません

眞坂信夫コラム

新着情報一覧

2012年04月お知らせ
巻頭言「公的医療保険での歯科医療の質を上げる論議が欲しい」 DENTAL DIAMOND(デンタルダイヤモンド社)

日本の公的医療保険(国民健康保険等)はすばらしい制度である。国民の誰もが希望する病院や医院を自由に選択でき、それも全国一律に統一された費用で受診できるシステムであり、世界に誇るべき制度である。この健康保険制度は1927年に施行された鉱山労働者を対象とした組合保険が始まりであるが、この制度が全国民を対象とした皆保険制度になるまで34年の年月を必要とした。国民皆保険制度を全市町村に普及させるべく4ヵ年計画のもとで達成したのが1961年で、今年はちょうど50年という節目を迎えている。

半世紀を経たすばらしい保険制度ではあるが、この制度が抱える問題が時代とともに大きくなり、歯科医療のあるべき姿を歪めている。それは、保険点数の物価上昇に見合った点数アップがないため保健医療の質が低くなり、再治療の繰り返しで歯が失われている現実である。むし歯の洪水で、まずは溢れる受診者のう蝕歯を治療するために、充填処置で数をこなした高度成長期の点数設定のままである。歯科医学と歯科臨床が発展し、歯科医師の人口比も大きくなり、時間をかけた質の高い歯科治療が可能となっている現在においても、数をこなさなければ医院経営を維持できない低点数設定が、この低質の繰り返し医療の悪循環を作っている。受診者には「きちんとした説明がない」、「何度も通わなければならない」、「簡単に抜かれてしまう」、「すぐに駄目になる」と歯科治療に対する不満が一杯である。

歯科治療の多くを占める歯周治療、根管治療、修復治療には技術差が大きく出る。また、歯の疾患には自己治癒作用がないため、術後の維持管理が予後を大きく左右する。質の高い治療は時間を必要とするため、最初の治療費は多くなるが、再治療は少なくなる。治療の質が高く、維持管理が良好に行われた症例を、10年、20年、30年の時間経過でみれば、時間と費用の無駄がなく、何よりも歯が失われていない。しかし、医療従事者は、「納得できる治療を行いたいが、それを可能にする点数の裏付けがない」と嘆く。この行き違いをどのようにすればよいのであろうか。

現在の歯科医療界においては、この医療保険制度における歯科医療の質を上げる論議がない。歯科医療の質は何を基準として、どのように設定し、その質をどのように維持すればよいのであろうか。いろいろな考え方があるであろうが、時間をかけて、多くの立場から意見を出し、議論していく必要がある。限られた公的医療費を無駄なく有効に使い、歯科医療の質をより高くすることで認知症を少なくし、これからの超高齢化社会の公的医療費の増大を抑制する。歯科医療界が出来る大きな仕事であると考える。

「一歯一生・一生一歯」破折歯接着治療・自由が丘の歯科医院 医療法人社団 歯生会 眞坂歯科医院

予約優先 ご予約・お問合せ 03-3718-8470 お電話の際には、ホームページを見たとお伝えください。

診療時間日祝
9:30~13:00
14:00~17:30

※症状の強い方を優先する場合があります※駐車場・駐輪場はありません

所在地
〒158-0083 東京都 世田谷区 奥沢5-26-9 自由が丘栄ビル3F
アクセス
東急東横線/東急大井町線 「自由が丘駅南口」 から 徒歩1分