破折歯接着治療は東京は自由が丘 破折歯接着治療のパイオニア「眞坂歯科医院」まで

所在地
〒158-0083 東京都 世田谷区 奥沢5-26-9 自由が丘栄ビル3F
アクセス
東急東横線/東急大井町線 「自由が丘駅南口」 から 徒歩1分

予約制 03-3718-8470 ホームページを見たとお伝えください

受付時間日祝
9:30~13:00
14:00~17:30

※症状の強い方を優先する場合があります※駐車場・駐輪場はありません

一般歯科治療 ~ 歯の治療

歯の治療

歯の治療=歯冠修復処置(しかんしゅうふくしょち)

歯冠修復処置(しかんしゅうふくしょち)とは、むし歯や、欠損(けっそん)などのため、歯を削り、修復する方法です。

眞坂歯科医院では、20年以上前より、生体親和性が高く、歯と良好に接着する接着剤(スーパーボンドC&B)を使用しています。

この接着剤(スーパーボンドC&B)を使用した「接着治療」 により、歯を削る量を少なくする 「低侵襲修復処置(MI:ミニマルインターベンション)」 が可能になりました。

また、この接着剤(スーパーボンドC&B)で処理された歯面は、 「樹脂含浸層」 といわれ、酸に犯されにくくなります。

この現象を積極的に活用することで、二次むし歯になりにくい治療ができます。

むし歯=齲蝕(うしょく)の治療

むし歯治療は、むし歯菌(S. Mut ans = ミュータンス菌など)が感染した歯質を削って除去し、除去した部分を人工物で置きかえる治療です。

むし歯には早期発見・早期治療が望ましく、正確な診断と精度の高い修復ならびに、患者様個人のむし歯のリスクを考慮した予防プログラムが必要です。

眞坂歯科医院では、治療だけでなく、定期的な診査、口腔衛生指導、クリーニング、フッ素塗布などにより患者様のむし歯になるリスクを軽減しています。

予防・メインテナンスについて

むし歯の進行

C1:エナメル質に限局したむし歯

感染がエナメル質に限局していますので、再石灰化を期待するか、小範囲の処置での修復になります。

C2:象牙質に侵攻したむし歯

感染が象牙質まで進行していますが、この段階では、まだ、歯の神経(歯随)を残すことは可能です。

C3:歯髄にまで達してしまったむし歯

感染が歯髄にまで達した場合、歯髄を取ってしまわなければなりません。激しい痛みを伴うことが多いですが、歯髄が完全に死んでしまうと、一度痛みが消えます。しかし、今度は、歯の外(歯根膜)にまで炎症が広がるので、腫れを伴った更に激しい痛みが襲ってきます。

C4:歯がほとんど無くなってしまったむし歯

歯のほとんどが無くなってしまっただけでなく、歯の根の部分まで、むし歯に犯されてしまったものを言います。こうなると、歯を残すことは不可能なので、通常、抜歯となってしまいます。

根尖病巣(こんせんびょうそう)

根尖病巣(根尖性歯周炎)は、むし歯を放置したとき、菌が歯髄や顎骨まで達し、歯根の先端付近に嚢胞(のうほう=ウミの袋)が形成された状態をいいます。こちらも治療が遅れると、抜歯しか方法がなくなります。

むし歯(感染歯質)の除去

むし歯の診断として、削らなければならない場合には、 「ドリル」 や 「エキスカベータ」 を使用して、機械または手作業で、むし歯の感染歯質を丁寧に除去します。

むし歯検知液

むし歯検知液は、むし歯菌に感染している象牙質の第1層(外層)のみが染色され、第2層(内層)や、むし歯でない正常層では色が変化しないため、赤く染まった部分だけを残さず削り取ることにより、確実にむし歯を取り除くことができます。

5倍速コントラ

むし歯の治療のために、 「5倍速コントラ」 を完備しています。
5倍速コントラは通常のものよりも5倍の速度でむし歯を削ることができ、ブレも最小限に、歯を削る量も最小限に抑えることができます。

エキスカベータ

むし歯を削るときに、より精密な処置を行うため、鋭利な 「スプーンエキスカベーター」 も使用しています。

修復方法

修復法には、「接着法」 を用いた 「レジン」、「インレー」、「アンレー」、「クラウン」 などがあります。ただし、初期の虫歯の場合には、フッ素塗布で経過観察をする場合もあります。

フッ素(塗布) ※ごく初期のむし歯

ごく初期のむし歯の状態で、歯の表面のエナメル質が溶け始めの状態で、白く濁っている程度の状態であれば、フッ素塗で治ります。フッ素は表面のエナメル質の成分と結びついて歯を強化し、脱灰もしにくくなります。

レジン(充填)

レジン充填とは、むし歯の感染部分を削った後に、 「コンポジットレジン」 という歯科用プラスチックを詰める方法です。コンポジットレジンは歯科治療では、最も頻繁に使用されている材料のひとつです。

インレー/アンレー(詰め物)

型に合わせた詰め物のことを 「インレー」 といいます。型を取り金属を溶かしたものを流してつくるので数日かかります。臼歯部のかみ合わせ部分全体に及ぶ場合(歯頸部に及んでいないとき)につくる詰め物をアンレー(オンレー)といいます。

クラウン(被せ物)

クラウンとは、歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」といわれています。大きく分けて、歯全体を覆う「全部被覆冠」と、歯の一部を覆う「一部被覆冠( 3/ 4冠、4/ 5冠、7/ 8冠など)」があります。

欠損部の治療(歯を失った場合に行う治療)

従来からの欠損部治療としては、隣の歯を削るブリッジや取り外しの入れ歯などがありますが、最近では歯を削ることによるデメリットを軽減するために、インプラントを適応する場合も多くなっています。

しかし、手術に対する抵抗感などからインプラントを選択されない患者様が多いことも事実です。上述した接着剤や技法の進歩とともに、当院では削る量が少ない接着ブリッジを20年以上前より導入し、良好な結果を得ています。

従来のブリッジ(欠損部分の両側の健康な歯を削る)

欠損部分の両側の歯を削り土台とし、橋渡しのように連なった被せ物(ブリッジ)をかぶせます。

接着ブリッジ(健康な歯を全く削らない)

下の前歯にかかる力は比較的弱いので、隣の歯に人工の歯を接着剤でつける処置で対応でき、歯を全く削らない場合もあります。しかし歯がない本数が増えれば、ブリッジの維持が無理な場合があります。

接着ブリッジ(歯の表側は全く削らず裏側の一部のみを削る)

上の前歯1本欠損です。患者様は歯を削るのが嫌で取りはずしの入れ歯を装着していました。この接着ブリッジは、両隣の歯の裏側の一部だけ削って接着剤で貼り付けたものです。この患者様は治療後18年経過しましたが、脱離することも無く、良好な結果を示しています。

「一歯一生・一生一歯」破折歯接着治療・自由が丘の歯科医院 医療法人社団 歯生会 眞坂歯科医院

予約優先 ご予約・お問合せ 03-3718-8470 お電話の際には、ホームページを見たとお伝えください。

受付時間日祝
9:30~13:00
14:00~17:30

※症状の強い方を優先する場合があります※駐車場・駐輪場はありません

所在地
〒158-0083 東京都 世田谷区 奥沢5-26-9 自由が丘栄ビル3F
アクセス
東急東横線/東急大井町線 「自由が丘駅南口」 から 徒歩1分