破折歯接着治療は東京は自由が丘 破折歯接着治療のパイオニア「眞坂歯科医院」まで

所在地
〒158-0083 東京都 世田谷区 奥沢5-26-9 自由が丘栄ビル3F
アクセス
東急東横線/東急大井町線 「自由が丘駅南口」 から 徒歩1分

予約制 03-3718-8470 ホームページを見たとお伝えください

診療時間日祝
9:30~13:00
14:00~17:30

※症状の強い方を優先する場合があります※駐車場・駐輪場はありません

インプラント治療 ~ メインテナンス

メインテナンス

定期メインテナンスの必要性

歯を失う原因の1位は歯周病で、2位はむし歯です。インプラントになる原因として、この歯周病やむし歯が多いわけですが、インプラントをしたからといって、歯周病やむし歯になりやすい口内の環境まで突然変わるわけではありません。

したがって、インプラントの治療後は特に、歯を失った原因を克服していき、インプラントを長持ちさせるためにも、歯科医院に定期的に通い、プロによるメインテナンスを受けることが必須となります。

インプラント周囲炎とは

インプラントにした場合、人工の歯ですから、むし歯菌がついてもむし歯にはなりません。しかし、歯周病菌によって、天然の歯で起こる歯周病と同じような病気である「インプラント周囲炎」になるリスクがあります。

しかもインプラントになった原因として、歯周病で歯を失った方は多いということと、日本人の成人の80%が歯周病とも言われていることからも、インプラントにしたからといって、今度は天然の歯の代わりに、インプラントが脱落してしまうリスクがあり、歯周病が原因で歯を失い、歯周病が原因でインプラントになってしまった方は、そのリスクが高い口内環境だといえます。

これらのことからも、天然の歯と同じように、定期的に歯科医院に通い、メインテナンスを受けることは必須となるのです。

インプラントの前に~ そもそもなぜ、その歯を失ったのでしょうか

歯周病のままインプラント治療はしません。

眞坂歯科医院では、簡単に抜歯する事なく、できうる限り残すことに取り組み、どうしても必要なところにインプラントを用いた治療をおこなっております。
インプラントを希望される方で、そもそも歯を失った原因というのが、歯周病というのは非常に多いケースです。歯周病の原因となる細菌は、インプラントでも悪い影響を与えます。それゆえに、インプラント治療の前には、歯周病の治療をしておかなければならないのです。歯周病の治療をせず、インプラントを埋入しても、元々そこにあった天然の歯を失ったのと同じように、また、インプラントも脱落してしまう可能性(インプラント周囲炎)が高くなります。
眞坂歯科医院では、このようなことからも、インプラントを長く機能させるためにも、歯周病の治療と、インプラント治療後のメインテナンスを重要視しています。

最後に

インプラントをした後は、必ず定期的に当院を受診し、メンテナンスを受けてください。クリーニングや、ネジの締まり具合のチェック、噛み合わせの調整が必要です。また、ホームケアとしては、毎日自分の歯と同じように正しい歯磨きをし、プラークコントロールをしてください。

インプラントを少しでも長く快適に使っていただくためにも、歯科医院とご自宅でのアフターケアが必要不可欠で、非常に大切です。メインテナンスが不十分な場合インプラント周囲炎にかかる場合があります。

インプラントは天然の歯と違って、神経が通っていないので、初期の段階で自覚症状がない場合が多く、予防には定期健診・メインテナンスをきちんと受け、しっかりとしたホームケアをしましょう。

インプラント料金表

「一歯一生・一生一歯」破折歯接着治療・自由が丘の歯科医院 医療法人社団 歯生会 眞坂歯科医院

予約優先 ご予約・お問合せ 03-3718-8470 お電話の際には、ホームページを見たとお伝えください。

診療時間日祝
9:30~13:00
14:00~17:30

※症状の強い方を優先する場合があります※駐車場・駐輪場はありません

所在地
〒158-0083 東京都 世田谷区 奥沢5-26-9 自由が丘栄ビル3F
アクセス
東急東横線/東急大井町線 「自由が丘駅南口」 から 徒歩1分